陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

TポイントをJRキューポに交換可能に!TポイントをANAマイルにソラチカルート(81%)で交換可能

f:id:showchan82:20190322154412p:plain

TポイントとJR九州のJRキューポがポイント交換を開始すると発表しました。

九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員:青柳俊彦、以下「JR九州」)と、株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:北村和彦、以下「Tポイント・ジャパン」)は、2019年3月25日より、Tポイント・ジャパンが提供する共通ポイント「Tポイント」をJR九州のポイント「JRキューポ」へ交換できるサービスを開始することとなりましたので、お知らせいたします。

 交換単位は500ポイント以上1ポイント単位で等価交換となります。TポイントをJRキューポに交換することで、交換先が広がるのがメリットですね。

ちなみに、これまでもJRキューポ→Tポイントはできたのですが、逆はダメでした。それが、今回から相互交換ができるようになります。

 

Gポイントとの交換ルートが開通でANAマイルは75%還元

JRキューポはポイント交換サイトの「Gポイント」と相互交換が可能になっています。このGポイントを経由すれば多数のポイントやマイルと交換可能なので、Tポイントの利用価値もUPしますね。

Tポイント(100ポイント)
→JRキューポ(100ポイント)
→Gポイント(100ポイント)
→LINEポイント(100ポイント)
→メトロポイント(90ポイント)
→ANAマイル(81マイル)

という交換レート(ソラチカルート)にTポイントを載せることができるようになりました。ソラチカルートって?という方は以下の記事をご覧ください。

miler.hatenadiary.jp

なお、Gポイント(ポイント交換サイト)は他社ポイントを他社のポイントに交換することができるサービスです。詳しくは以下の記事などを参考にしてください。

参考:Gポイント(ジーポイント)の評価・評判

>>Gポイント公式ホームページ

 

Tポイントはポイント交換の使い勝手が大きく上昇へ

ANAマイラーならソラチカも使えますが、それ以外の方も十分にプラスかと。

そもそもTポイントはこれまで

  • ANAマイル(50%)
  • Suica
  • 中部電力
  • ジャパンネット銀行

しか交換できなかったのですが、JRキューポとの提携でポイント交換による幅が大きく広がりましたね。

Tポイント
→JRキューポ→Pontaポイント→dポイント

といった具合で、Pontaやdポイントといった他の共通ポイントにもTポイントを交換できるようになりました。

ちなみにポイントが有り余っていてしょうがないという人は「dポイント投資」がおすすめです。dポイントを運用して殖やせます。しかも、後出しできちゃうので、基本的にノーリスクでやれます。

dp-invest.hateblo.jp

これまで、Tポイントは、別のポイントをTポイントにすることはできるけれども、その逆はしないという対応だったので、それがJRキューポ提携で逆方向への道が一気に広がった感じです。

Tポイントを貯めている方にとっては朗報なんじゃないですかね。