陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

ANAマイルを効率的にに貯めるためのソラチカルート(メトロポイント)の仕組み

f:id:showchan82:20181130173310p:plain

陸マイラーの方でANAマイルを貯めている方のほぼ100%が利用しているはずの仕組みが「ソラチカルート」という余所で貯めたポイントをANAマイルに高レート交換するルートです。

今回はそのソラチカルートについて、全く初めて聞くという方向けに基本とこのポイント交換のやり方を説明していきたいと思います。

なお、このソラチカルートを使うためにはソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)というクレジットカードが必須となります。

ANA陸マイラーでこのクレジットカードを持っていない人を探す方が難しいほどの基本中の基本といえるクレジットカードです!

 

(重要な追記)ポイントサイト→メトロポイントへの交換は2018年3月末をもって終了となりました。ただ、メトロポイントを利用したANAマイルルートが完全に途絶えたわけではありません。

LINEポイント→メトロポイントのルートがやや効率が低下しますが、利用可能です。詳しくは以下のページをご覧ください。

miler.hatenadiary.jp

 

ソラチカルートはANAマイルを高レートで交換するしくみ

レートは100円相当のメトロポイントが90ANAマイルになります。つまり還元率にすると90%というレートになるわけです(100メトロポイント→90ANAマイル)。

一方で、他のポイント交換だと

  • 楽天ポイント(100円)→ANAマイル(50マイル)
  • Tポイント(100円)→ANAマイル(50マイル)

あたりが最良です。ソラチカルートであれば90%なのに、楽天ポイントやTポイントだと50%程度にまで下がってしまうわけです…。

この高レートのポイント交換を仕組みを利用するのが「ソラチカルート」なわけです。

なお、このソラチカルートを利用するには「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」というクレジットカードが必要になります。このカードを持っている人だけがこのソラチカルートを利用してのANAマイル交換が利用できるのです。

ANAの陸マイラーの方にはまさに必須といえるクレジットカードです。

 

さてここまで話したら、次の課題としてANAマイルの交換元となる「メトロポイント」というものをどうやって貯めるのか?ということになります。

大きく「クレジットカードのポイントを交換するルート」と「ポイントサイトを使ってポイントを貯めてそのポイントを交換するルート」という2つのルートがあります。

個人的におすすめするのは「ポイントサイトを使って貯める」という方法です。上手に活用すれば全くお金を使うことなくポイントを貯めてANAのマイルを貯めることができます(詳しくは後述します)。

 

ソラチカルートを上手に使ってANAマイルを貯める

さて、ソラチカルートはメトロポイントをANAマイルに交換するという方法なのですが、肝心のメトロポイントを直接貯めるのは難しいです。都内に住んでいる方は地下鉄乗車でも貯めることができますが、そうやって貯めることができるのはごくわずかです。

そこで活用するのがポイント交換です。

ただし、2018年に「ポイントサイト」→「メトロポイント」のルートが塞がれてしまいました。結果として残っているのは「LINEポイント」を使ったルートがあります。

LINEポイントは、ご存知のメッセンジャーアプリの「LINE」で貯まるポイントです。LINE Payなどを利用して貯めることもできます。

参考:LINE Payの使い方ガイド。仕組み、チャージ方法、決済方法、本人確認などの基本を解説

 

ただ、決済(お買い物)で貯めるだけでなく、このLINEポイントをポイント交換で貯めることもできます。

他のサイトで貯めたポイント→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルという具合で、わらしべ長者のようにポイントを交換していくわけです。

 

オススメなのはポイントサイトでマイルをお金をかけずに貯めること

陸マイラーとしてオススメなのはやっぱりポイントサイトです。

ポイントサイトというのは、ポイントバックサイトとも呼ばれ、ユーザーが様々なアクションをすることでポイントがもらえるサイトです。

  • 広告を見る(広告クリック)
  • ポイントサイトを経由して楽天やYahoo等で買い物をする
  • 銀行や証券会社に口座開設をする
  • クレジットカードを作る
  • 生命保険の無料相談を利用する
  • ミステリーショッパーやアンケートなどに協力する

以上のような、アクションが代表的です。

特にクレジットカードの作成などは1枚作るだけで数千~1万単位のANAマイルに相当するポイントをもらえることも珍しくありません。

無料相談や資料請求のようにお金を一切使わずにポイントを貯めることも可能です。

案件を上手にこなしさせすれば、かなりまとまったポイントを貯めていくことができるはずです。金を使わずに貯めていけるというのが大きな特徴となります。

ちなみに、このソラチカルートを使うために必須である「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」についてもポイントサイト経由でカードを作ればポイントがもらえます。

後述する「ポイントタウン」であれば、カード作成だけで5000円相当のポイント(ANAマイル交換なら4050マイル相当)が、もらえます!

 

LINEポイントに交換できるポイントサイト

ポイントサイトとしては「ポイントタウン」があります。GMO系のポイントサイトで高ポイント還元の案件が多いのが特徴です。登録するポイントサイトの数を増やしたくないのであれば、ポイントタウンが一押しです。

>>ポイントタウン公式ホームページ

 

また、直接ポイントを貯めるのには向いていませんが「Gポイント」や「PeX」といったポイント交換サイトを使うこともできます。

たとえば、ポイントサイトとして人気の高い「ハピタス」や「モッピー」で貯めたポイントを「Pex」を経由して「LINEポイント」に交換するといった流れを作ることができます。

ただし、ポイント交換は即時ではないので、交換先を増やせば増やすほど、ANAマイルに交換するのに時間がかかってしまうという点はあります。

 主に、上記のポイントサイトやクレジットカードを使ってポイントを貯めて、メトロポイントに集約し、それをANAマイルに交換するというのがANA陸マイラーのソラチカルートという黄金ルートなわけです。

 

ポイントサイトやネット副業をもっと知りたい方への参考サイト

www.money-navi.net

 

 ANAマイラーとして賢くマイルを貯めていくならソラチカルートの活用が必要条件と言えるでしょう。

 

以上、ANAマイルを効率的にに貯めるためのソラチカルート(メトロポイント)の仕組みでした。