福岡の陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

ANAマイルにTOKYUルートが登場 ANAマイルを実質75%で貯められる

f:id:showchan82:20190610142921p:plain

ANAマイルをポイント交換で貯める方法としては「ソラチカルート」が最も高還元率で現在81%となっています。この還元率には劣りますが、新たにTOKYUルートと呼ぶことができる、TOKYUポイント→ANAマイルというポイント交換ルートが登場しました。

ポイント交換もやりやすく、短期間で大量のANAマイル獲得もできるポイント交換ルートとして活躍できそうです。

TOKYUポイントを使ったANAマイル交換方法

TOKYUポイントと大手私鉄の東急のポイントプログラムです。

東急グループの電車やバス、渋谷109や東急百貨店、渋谷ヒカリエといった商業施設、TOKYUと提携したクレジットカードの利用などで貯めることができるポイントです。

東急グループをはじめ、TOKYU POINT加盟店で貯まるポイントです。 TOKYU POINT加盟店以外でも、毎月のクレジットカードのご利用や、各種サービスのご登録に応じてTOKYU POINTが貯まります。 貯まったポイントは、1ポイント=1円分として、東急百貨店・東急ストア などの東急グループで使ったり、 PASMOにチャージして電車やバスに乗ることもできます。

 

このTOKYUポイントですが、実は1000P(1000円相当)を750ANAマイルと交換できる交換レートが非常に良いポイントなのです。

  • LINE-ソラチカルート:81%
  • TOKYUポイントルート:75%
  • nimocaポイントルート:70%

まぁ、最高効率なのはLINEポイントを経由してソラチカポイントをANAマイルに交換する方法なのですが、TOKYUポイントルートは第2位の還元率となります。

 

<必要なもの>

・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(TOKYU×ANAカード)
・ポイント交換サイト .money(ドットマネー)のアカウント

この二つが必要です。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANAカードと東急の提携カードです。PASMO付帯のクレジットカードでMastercardブランドとなっています。

発行は三井住友カード。年会費2,000円+税ですけど、マイペイすリボの設定(+年1回以上の利用)で年会費は751円+税に割引されます。

割引きについて詳しくは↓のサイトをご覧ください。

money-lifehack.com

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはANAカード(一般カード)扱いとなりますので、カード入会や更新時に1000マイルがもらえます。年会費751円+税で1000マイルもらえるのは「ANAマイルの価値」的にもプラスです。

保有だけでお得なカードですね。

今回はこの「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」にTOKYUポイントを使った新たなポイント交換ルートが生まれたのです。

 この「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を持っていると貯めたTOKYUポイント100円分を75ANAマイルと交換できます。

交換レートでいえば75%とかなり高いレートとなります。

 

 .money(ドットマネー)+同カードでANAマイルのポイント交換ルート爆誕

ただ、TOKYUポイントはそんなに貯めやすいポイントではありません。なので、これまであまり見向きされてきませんでした。

ところが2019年6月にポイント交換サイトの「.money(ドットマネー)」にTOKYUポイントが登場しました。

これを利用することで

「各ポイントサイト」→「.money」→「TOKYUポイント」→「ANAマイル」

というポイント交換ルートが生まれたのです。

 

TOKYUルート(TOKYUポイントルート)の利用価値はある?

 実際のところ、既存で利用できるポイント交換ルートとしては81%で交換可能な「ソラチカルート(LINEポイント経由)」があります。

そのため、75%の交換レートであるTOKYUポイントを使ったルート の利用価値は小さいと思う方も多いかもしれませんが、TOKYUルートには以下のような利点があります。

  • 月間の交換上限が10万pt(ソラチカは2万ptまで)
  • 最短1週間程度で短期に交換完了

この辺が大きな強みです。

ソラチカルートの場合、メトロポイント→ANAマイルの交換上限が月2万ポイントまでと決まっていますが、TOKYUポイント→ANAマイルの場合は10万pt→75000マイルまでと大きいです。

また、交換は1週間くらいで完了するスピーディーさも魅力ですね。

 

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作ろう

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを作る際は、必ずポイントサイトを経由してカードを作成しましょう。

いまだと、「モッピー」の還元が大きいみたいです。

f:id:showchan82:20190610142628p:plain

ANA VISAとなっていますが、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードも同じ三井住友カードが発行していて、ポイント還元対象となっています。

>>モッピー公式ホームページ