陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

自動車税の納付時期になったのでANAマイルを貯める方法を考える

自動車税の時期ですね。自動車税をクレジットカード払いをしてANAマイルを貯めようと思います。

いくつか方法があるようなので、私が調べた内容をシェアしたいと思います。

 

1)Yahoo公金支払

ほとんどの自治体が対応しています。2018年は40の自治体が対応しています。

koukin.yahoo.co.jp

ただ、手数料がかかるんですね。324円(税込)です。この手数料がかかるって部分が大きなネックですね。仮に45,000円だとすると手数料率は0.72%となります。

参考:Yahoo!公金支払いのデメリット

となると1%以上のポイント還元率がないとちょっと厳しい感じですね。

ANAカード系であれば1%の還元率(ただし、アメックス、ダイナースクラブは半分)となりますので、払うならANAJCBカード、ないしはANAVISAカードでの支払いということになりますね。

ただし、10マイルコースではなく5マイルコースの場合は手数料分で負けてしまう可能性もありますのでご注意ください。

 

2)電子マネー+クレカチャージ

こちらは手数料がかかりませんので、純粋にポイント還元率だけで考えられます。要するに電子マネーにクレジットカードでチャージをして、そのチャージ時のポイント分を得しようというものです。

参考:電子マネーへのチャージでポイントが貯まるクレジットカード

 

ANAマイラーの方ならnanaco+クレカチャージでしょうか。

となっています。Tポイント、nanacoポイントはともに、50%のレートでANAマイルに交換できますので、実質的にはどちらも納税額の0.25%分のANAマイルがもらえるということになりますね。

 

(1)と(2)に関しては納税額(自動車税額)によって変わってきます。

  • 税額が大きい方
  • ANAカードのポイントコースが10マイルコースの方

に関しては、Yahoo公金支払いの方がお得になる可能性があります。概ね5万円以上の自動車税の税額がある方でしょうか。

一方でそれ以下の方は手数料のかからないnanaco+クレジットチャージを利用するほうがお得感は高いと思います。

 

www.money-navi.net

 

ちなみに、JALマイラーの方はミニストップ+JMB WAONJALカードがお得です。

 

miler.hatenadiary.jp