読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

マイル生活33日目:楽天ANAマイレージクラブカードはANAマイルを貯めるのにはあまり適してないカード

クレジットカードでマイルをためる マイル生活03ヶ月目

f:id:showchan82:20160407164610j:plain

楽天がAMC(ANAマイレージクラブ)の会員機能付きのクレジットカードを発行しています。年会費は年1回でも利用すれば無料とのことです。

おーついに年会費無料のANAカードが出たか!と思ったわけですが、これはANAカードではありません。ANAパートナーカードと呼ばれる、ANAの会員機能が付帯したクレジットカードです。

 

 

ANAパートナーカードとANAカードの違い

note.credit-119.com

こちらで詳しく説明されていますが、ANAカードはANAが主体で発行しているクレジットカードなのですが、ANAパートナーカードというのはANAが特定の企業と提携して発行しているクレジットカードになります。

・飛行機の搭乗ボーナス
・入会・継続ボーナス

などのボーナスはありません。また、ANAカードは基本的なマイレージ還元率は1%ほどありますが、パートナーカードはそこまで高くありません。

 

今回の楽天ANAカードは還元率が0.5%です(200円で1マイル)。
ちなみに、通常の楽天カードはポイント還元率が1%で、2ポイントを1ANAマイルと交換することができます。

つまり、普通の楽天カードマイレージ還元率は同じということになります。

 

楽天ANAマイレージクラブカードを作るメリットはあるのか?

以上から考えると、メリットはほとんどないと思います。
どうしてもANAカードは持ちたくない(年会費は払いたくない)と言う方で、AMCカード(ANAマイレージクラブカード)を持ち歩くのは面倒という方向けでしょうか。

 

年会費が永久無料の普通の楽天カードを作ってポイントを貯めておいて、どうしてもANAマイルに交換したいなら楽天ポイントANAマイルにすればいいだけです。

参考:楽天カードの詳細情報、ポイント還元率、キャンペーン情報

 

ANAマイレージをクレジットカード(お買い物)で貯めたいなら、ANAカードVISAワイドゴールドカードが一番お勧めですよ(最高1.71%還元)。