読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

マイル生活27日目:ポイントサイトで高額ポイントを狙うクレジットカード申込の攻略法

ANAのマイルを貯めるためには「ソラチカルート」を利用することができる「ポイントサイト」を通じてポイントを貯めて交換して貯めていくのが最良の方法だということは説明してきました。

 

miler.hatenadiary.jp

 

miler.hatenadiary.jp

 

その、ポイントサイトの利用で一度の申し込みで高額なポイントゲットが狙える案件としては「クレジットカードの申し込み」がやっぱり大きいです。

上手に活用すればクレジットカードの申し込みだけでも年に数万マイルは貯めることができるはずです。

 

たとえば、もう終了していますが「Viasoカード(ぐでたまデザイン・年会費無料)の作成で約1万マイルゲット」で紹介しているように年会費無料のクレジットカードで実質1万マイルがもらえるような案件もいくつもあります。

年会費無料なら私たちにとって損することはないのでかなり魅力的な案件になりますよね。

 

 

今回はそんなクレジットカード申込を利用してポイントサイトで稼ぐコツとその注意点を紹介していきます。

 

一度に申し込み過ぎない

クレジットカードの申し込みは多くても月に1枚までにしておきましょう。
理由は信用情報への登録です。クレジットカード会社は個人信用情報機関というところで、カード利用者の情報を一部共有しています。

これには「申込情報」も登録されます(半年間記載)。
短期間に何枚もの申し込みがあると当然カード会社は警戒します。短期間のカード申し込みのことを多重申し込みといいますが、こういうケースだとカードの審査に落ちやすくなります。

これを「申込ブラック」と言いうそうです(リンク先は説明サイト)。

 

こうならないように、月に申し込みをするカードは1件までにしておきましょう。もしも、すでに申し込み過ぎてしまって審査に落ちる……。という方は、半年間待っておけば自動的に申込情報が消えるので、半年待ってから再開してください。

それでも落ちるようなら別の問題があります。「クレジットカードの審査に落ちたときに行う5つの対策 | Money Lifehack」などを参考に、審査に落ちそうな要素が無いかを確認してください。

 

申込はポイントサイトを比較する

欲しいカードがあるという場合も、そういうわけじゃないけどポイントが良さそうだから申し込みをするという場合であっても、「ハピタス」と「ポイントタウン」のどちらがポイントが高いかをしっかりと比較しましょう。

同じカードでもポイント付与額が大きく違うケースもあります。お得な方で申し込みをするようにしましょう。

 

ポイント付与条件はしっかりと確認する

クレジットカード案件は成果地点が異なる場合があります。
「発行だけでOK」というものもあれば「キャッシング枠を設定することが条件」となっているものもあります。あるいはカード到着後の1万円以上の利用といったようにカードを利用するところもまでが条件になっているカードもあります。

こうした付与条件はポイントサイト上でしっかり確認した上で申し込みをするようにしてください。

 

特に、年会費がかかるカードはしっかりと管理すること

年会費がかかるクレジットカードであっても、年会費1000円に対して1万ポイントがもらえるなら明らかにお得なので、私は申し込みます。
ただし、そのまま放置していると2年目、3年目といったように毎年年会費がかかるようになります。そうならないように申し込みをしたクレジットカードについてはしっかりと管理をするようにしてください。

 

 

以上、ポイントサイトで高額ポイントを狙うクレジットカード申込の攻略法でした。

 

 

ただ、やみくもに申し込みをするというのもオススメできません。それは多重申し込みによって審査に落ちやすくなる為です。