陸マイラーがANAのマイルを貯めてハワイに行くブログ

飛行機に乗らずにハワイにビジネスクラスで行きたいです。あと、ディズニーのタイムシェア(ディズニーバケーションクラブ)も興味があります。マイルとタイムシェアで旅行を楽しみたいですね。

ホテルの最低価格保証(ベストレート保証)の適用を受けるためのおすすめの最低価格調査方法

マリオットやSPG、IHG、ヒルトンなどのシティホテル(外資系ホテル)では最低価格保証(ベストレート保証)などといってホテルの公式サイトが一番安い!を掲げております。

そして、公式サイトの価格よりも安ければそれに合わせて宿泊価格をさらに割り引くというサービスもやっています。

参考:ベストレート保証(最低価格保証)とは

そんなわけで、ホテルに泊まりたいというときは、この最低価格保証を狙ってしまいましょうというお話です。

 

1)とりあえず泊まりたい日程でホテルを探す

f:id:showchan82:20171019160201j:plain

こんな感じで予約できます。高いな。デラックスルームのツインです。

 

2)同じ日程でトリバゴ(旅行比較サイト)で東京マリオットを検索

別にトリバゴじゃなくてもいいです。旅行比較サイトって色々ありますからね。ホテルだけだとトリバゴが見やすいです。

money-lifehack.com

で、調べるとこんな感じ。

f:id:showchan82:20171019160329j:plain

 

お部屋はデラックスルームなので阿波s手、Ctripで見てみましょうか。

 

3)条件を合わせたプランを見る

f:id:showchan82:20171019160535j:plain

ベストレート保証は「条件が同じ」である必要があります。

最初の予約は2名、現地払い、キャンセルは前日までOK、朝食なしとなっています。

上のプランで行くと、27,396円(合計31,505円)のプランが近いです。ただ、無料キャンセル期間が前日(10/31)ではなくて10/25までとなっています。

なので、条件合致とはいきません。このタイミングでほかの予約サイトも見てみましたが、キャンセルは10/25までとなっており、完全一致はしませんでした。

 

というわけで、このプランで最低価格保証は通らない可能性が高いです。

 

4)ダメもとで予約という手も

ただ、少しの差ならベストレート保証が通ったという話も聞くので絶対ダメというわけではないようです。

もともとの公式サイトでの予約もキャンセルできるというのであれば、とりあえず予約をしてベストレート保証を申請。ダメなら公式の予約自体をキャンセルするっていう手もあります。

 

というわけで、今、いろいろホテルとプランを物色中です。

パスポートの証明写真はコンビニのコピー機でたった30円で簡単に印刷できる

陸マイラーとしてようやく50万マイルがたまったので、パスポートを作ることにしました。このブログの目的の家族でハワイに行くだけのマイルは余裕でたまりましたし。

miler.hatenadiary.jp

さて、証明写真というと、駅とかにあるあの狭い箱みたいなところか、写真館かと思っていましたが、実はスマホ+コンビニのコピー機を使えば30円で印刷できるってっご存知ですか?

 

1)スマホの証明写真用のアプリをインストール

AppStoreやGooglePlayで「証明写真」と検索したらいっぱい出てくるはずです。
私は「履歴書カメラ」ってのを使っています。無料アプリです。

 

2)写真を撮影する

どこでとってもいいんですけど、証明写真用は背景は無地である必要がありますのでご注意くださいね。ちなみに、インカメラで撮影するときは顔の位置(頭の頂点やあごのライン)のガイドが出るので撮影しやすいです(履歴書カメラの場合)

履歴書カメラは簡単な写真補正もできます。自宅で撮影すれば気に入った奇跡の一枚が取れるまで何度もチャレンジできるのはいいですね!

 

3)コンビニのネットワークプリンントでL版印刷する

USBとかに写真データを落として印刷してもいいですが、今のコンビニのコピー機はスマホアプリからネットワークプリントが可能です。

 

セブンイレブン:netprint
ローソン・ファミリーマート:PrintSmash

 

money-lifehack.com

アプリを落として、先ほど履歴書カメラで撮影した証明写真用の写真を送信して印刷すれば証明写真が印刷されますので、それをカットすれば完成です。

 

アプリは全部無料なのでかかる費用はたったの30円です。これは素晴らしいですね。自宅にプリンターがある方なら、写真用用紙に自宅のプリンターで印刷してもOKです。

 

証明写真の機械とかもう売れなくなるんじゃないかな……。

 

ANA陸マイラー生活19か月目(2017/10)、ファミリーマイルで合計50万マイルを突破

f:id:showchan82:20171005131435j:plain

まぁ、先月の段階で49万マイルあったわけなので、50万マイル突破は当然といえば当然なんですがうれしいですね。

先月末の合計マイル数が495,401マイルで今月が533,241マイルなので、37840マイル増ということになります。ほぼ、ソラチカルートによるマイル加算ですね。

miler.hatenadiary.jp

相変わらず飛行機には乗っていません。

JALの方は今月は増加はゼロです。ポイントサイトのモッピーなら交換レート82%という驚きの数字になるそうなので、今はせっせとモッピーポイントを貯めているような状況です。

miler.hatenadiary.jp

 

なお、今月はdポイントが25%レートアップというキャンペーンを行っています。なので、ドットマネーのポイントについては余剰分がdポイントに代わる予定です。

miler.hatenadiary.jp

ポイントを貯めていると1ポイント(1円)の価値が1円以上になるようなことが時々あるのでうれしいですね。

 

そう、今年は子どもたちがスキーに行きたいというので、年始は北海道に行こうかと計画しています。

 

12月中という話もあったのですが、それならやっぱりSFC修行考えたいということで、少し強引ですが、年明けのプランにしてもらうようにしました。

スカイコイン交換のことも考えるとそろそろANA VISAワイドゴールド作らないといけないかも……。

dポイントの25%交換レートアップキャンペーン。2017年11月までの期間限定

dポイントがポイント交換で25%の交換レートupイベントを実施しています。

dポイントとの交換については等価交換ができるポイントも多いです。たとえば、ポイントタウンなら10000ポイント(500円相当)=500dポイント(500円相当)が625ポイント(625円相当)になります。

単純にポイント価値が大幅にアップする超お得なイベントになります。

 

ANA陸マイラーにはかなりの朗報

ANA陸マイラーの方でポイントを貯めている方にとっては朗報ですね。

この二つのポイントサイト、ポイント交換サイトが対象となっているので、ANAマイルようにポイントを貯めている方は大放出するチャンスです。

 

UP分は期間・用途限定ポイント

残念なところは、25%のアップ分は期間限定ポイントだということですね。JALマイルとの交換などには利用することができません。

また、期限も短めです。今回の25%アップ分についてはdポイント(期間・用途限定)となり、2018年1月中旬までに進呈します。ポイントの有効期限は2018年2月28日までとなります。

実質1か月ちょっとで使い切る必要があるということになりますね。

money-lifehack.com

数万ポイント単位で交換しようと思っている方は要注意です。出口を少し考えておく必要がありますね。

 

新規利用者なら50%アップ

期間中、25%増量キャンペーンにエントリーして、dポイントカードを新規登録するとさらに25%増量します。※本キャンペーンは下記エントリーボタンよりエントリーが必要です。

【エントリーについて】
期間中、対象企業のポイントからdポイントへの移行を申込みされたdポイントクラブ会員が対象です。

  • エントリーいただくためには、当社が別に定めるdアカウント又はspモード契約が必要となります。
  • dアカウントでログインしエントリーした場合は、dアカウントにひもづく携帯電話番号又はdポイントクラブ会員番号がエントリーの対象となります。

「新規登録」ということなので、dアカウントを新規に取得してそちらにポイントを移せば50%アップ(25%+25%)ということになります。
ただ、dポイントをメインで利用している方はアカウントが複数になってしまうのでちょっと面倒かもしれませんね。ドコモを利用していない方で、すでにdポイントの残高自体が少ない方は「作り直し」を考えてもいいかもしれません。

 

複数契約があれば、メイン以外のアカウントでdポイントカードを登録するのも手

複数のドコモの契約を持っている方(たとえば、スマホタブレットなど)は、片方だけdポイントカード登録をしている方も多いかと思います。

そういう方は、登録していないほうのdアカウントにdポイントカードを登録してそちらにポイントを交換すればいいです。

50%のレートになるうえ、同一契約のスマホならポイントは共有できるので、ポイントの無駄もありません。

新しいdポイントカードが必要になるのでローソンとかでもらうといいですよ。

 

さーて、どうしようかな……

正直、dポイントは今でも6万ポイントくらい残高があって、ローソンでのお買い物くらいにしか使ってないんですよね……。

ポイントをたくさん貯めている方は「使い道(出口)」もしっかりと考えたうえで交換するようにしましょうね。

2017年9月度 ANAの株主優待券、優待クロスで150円+αで優待券ゲット

2017年9月度のANA株主優待ゲット目的のクロス取引逆日歩は1000株あたり150円でした。前回(2017年3月)が1500円というすこし高めの金額でしたが、今回は許容範囲の金額ですね。

miler.hatenadiary.jp

株の手数料や金利を入れても優待券1枚を200円弱くらいで手に入れることができた計算になります。

優待券は一枚購入で3000円~5000円くらいはしますので、数百円で手に入れられてラッキーです。

ちなみに、優待クロス取引の方法は以下のサイトが参考になります。

 

money-lifehack.com

 

今回は4枚(4000株)の取得ができましたので満足しております。もっとも優待券が届くのはずいぶん先の話ですけどね。来年こそはSFC修行かなと思っておりますので、念のため取得しておきました。

やらないならやらないでメルカリで売れるし。

 

ちなみに、ネット証券なら「楽天証券」がおすすめ。株の売買で楽天ポイントがたまります。たまった楽天ポイントANAマイルにも交換可能ですよ。

 

www.stock-traderz.com

 

そんな、ANA優待券をほぼ無料でゲットしたって話でした。

悲報 楽天カード(JCB)でnanacoチャージ、Suicaチャージでポイント付与がされなくなる

ついに来るべき時が来ました。

楽天カードJCB)だとnanacoにクレジットカードでチャージをしたり、ApplePayを使ってSuicaチャージをする場合にたまっていた1%のポイント付与を11月より終了するということを発表しました。

 

11月ご利用分の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、
今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】
nanacoクレジットチャージ
モバイルSuica
モバイルSuica年会費
モバイルSuica(Apple)
・スマートICOCA

 

ANAマイルとも交換可能な楽天ポイントnanacoチャージ、Suicaチャージを通じて貯めることができていたわけですが、これができなくなるわけです。

特に、nanacoチャージについては公共料金の支払いや税金、年金の支払いといったように通常だとクレジットカード払いができない支払方法でもnanacoを通じて支払うことでポイントを手に入れることができていたわけですが、この方法が禁じられることになります……。

www.money-navi.net

money-lifehack.com

上記のように、これを活用した節約術(?)はかなり広く知られていたわけですが、ダメになってしまうんですね。

もっとも、nanacoチャージの場合はリクルートカードやYahoo!Japanカード、Suica(ApplePay)の場合はビックカメラSuicaカードなど、現状でポイント付与停止を発表していないカードもあるので、使えなくなるってわけじゃないんですけどね。

 

ただ、クレジットカード界隈でのポイント付与率(還元率)の低下傾向は続いているので、楽天カードもついに……といった印象があります。

とりあえず、nanacoチャージの方は私にとっても結構重要なので、リクルートカードかYahoo!Japanカードのどちらかはつくっておきたいです。

 

リクルートカード

本日時点で最もポイント還元率が高いのは「ポイントタウン」です。3150円相当。ソラチカでのマイル交換だと2835ANAマイル相当です。年会費無料なので悪くないですね。。

f:id:showchan82:20170920112600j:plain

>>ポイントタウン公式ホームページ

 

Yahoo!Japanカード

こちらはハピタスが高いですね。5885円相当のポイント。ANAマイル交換だと5296マイル分になります。

f:id:showchan82:20170920112611j:plain

>>ハピタス公式サイト

 

リクルートカードもYahoo!Japanカードもどちらも報酬アップしているみたいなので、チャンスっぽいですね。今後の電子マネーのクレジットチャージがどうなるかわからないので、とりあえず私は両方申込で以降と思います。

ようやくANAのファミリーマイル登録が完了。夫婦陸マイラーや子どもがいるなら書面で手続きが必要

ANAのマイルを夫婦でダブル陸マイラーしていましたが、これまでANAカードファミリーマイル登録をしていませんでした。

理由は、ソラチカルートを使ってマイルを貯めるためには家族カードではNGで、それぞれがカードを作る必要があるからです(家族カードの場合は主カードに自動紐づけされる)

miler.hatenadiary.jp

そういうこともあって、従来は家族カードだったのですが、私と夫がそれぞれソラチカカードを作りました。

こうなると、ANAカードのファミリーマイル登録は自動では行われずに登録する必要があります。以下のPDFファイルへのリンクを張りますが、こちらを印刷して必要事項を記入して、住民票などのコピーを添えて提出する必要があります。

https://www.ana.co.jp/amcservice/amcimg/renew/familymile/pdf/application_form_160701.pdf

 

なかなか、手続きが面倒だったし、飛行機に乗る予定もしばらくなかったので放置していたのですが、さすがにそろそろ手続きしなきゃということで重い腰を上げて手続きを始めました。

 

郵送後2週間くらいしてアカウントを確認したらファミリーマイルとして登録されていました。これでとりあえずは一安心ですね。